Blue Red
年中ナマケモノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ1日目 ~The melody of beloved days~
続き。

そしてエスカレーターをぐいーっと下って手荷物検査へ。

係員さん「○×△□computer×△??」

えっ、コンピューター?パソコンは持ってないで?

私「ノー!」

で、探知機をくぐって荷物が流れてくるのを待っとると、
な、なんか係員のお姉さん、苦笑いしよるで…

もしや…ペットボトル?
いやでもあれは関空でチェックインした後買ったやつやで安全やし、第一ココはトランジット専用の検査場なんやから私が外に出てないことぐらいわかるやろうし、

ってハイ取られたー没収ー
ありえーーーん
しかも2本もーーー1本はまるまる封も切ってないのにーーーー

ま、テロ対策なんやから例外は認められんのはわかるけどさ…
↑の言い訳を言えやん自分の語学力が憎いわ。
ただでさえ機内は乾燥するのに、すぐに飲み物が飲めやんなんて。
私、中国元持ってないから買うことも出来やんし。

モンモンしながら出発ロビーへ。
この時点でまだ北京時間の12時すぎ。
フライトは13時半くらいやからまだまだあるわー。
思ったより乗り換え時間って取られんもんやね。

あっ、ロビーなんぞやっとる。
なんぞこれ。


もっと近くで見てみる。


なんぞこれ。(>近くで見てもわからんかったらしい)

とりあえずゲートまで行ってみねば!
と、トイレで貴重品入れを装着してから行ってみる。
ちなみに貴重品入れには、パスポート・ユーロ・ポンド・クレカ。

エスカレーターをぐいーんと降りて出発ゲートに行ってみると、
はいでたーー大量の中国人の波ーーー
さすが人口世界一、って考えてしまうくらいよぉけおった。

ゲート付近を覗いて見ると…バス?
小さなバスが停車していました。
まさか、この大人数をそのちっちゃなバスで運ぶつもりか?え?
というかそもそも、本当にこのバス乗らせてくれるのか?ピストン輸送してくれるのか…?

またエスカレーターぐいーんとのぼって、とりあえずイスで待機。
出入国審査でヘマをする・手荷物検査で飲み物取られる・元は持ってない・小さなバス…

北京の気温は24℃。
着いた時は曇り空だったのに、今はどしゃぶりの大雨。

ふっ…今の私のような天気だぜ…。

とか泣きそうになってる時に一人ボケをかますところが私らしいと思いつつ。
不安をかき消す1番の方法はこれ!TOKIO!!
TOKIOをガンガン聞きながら気を紛らわし(本当にTOKIOは私に元気をくれるから不思議。)、
13時すぎになったので、またエスカレーターをぐいーんと降りてみる。

皆がゲートを囲むように輪になって集まっとる…!
これは私も参戦すべきやよな?と思って、私もその輪に入る。
「ていうかさ、並べよ」と思ってしまうのは私が日本人だからか。

13時半をすぎても、この輪は動く気配はまったくない。
さすが「ディレイ(遅延)で有名な中国国際航空」。

ど、動じないんだから…!!((((゜д゜))))ガクブル (>待て)

立ちっぱなしは辛いので、たまにしゃがんだりしながらも(>礼儀知らずはわかってるけど、辛いものはしょうがない。私か弱いから。>待て)、
このフライトにはどんな人たちが乗るのかを観察。

後ろからは、イタリア語かなぁ?老夫婦の心配そうな会話が聞こえる。
右前には私と同年代くらいの女の子一人。
そして私の目の前には、ありえんくらい男前の白人さんが!!(>待て)
越川さんの隣に並んだ時に、私のつむじが越川さんのほっぺたくらいで、越川さんが190センチやから、
この人は194センチってところか…!(>無駄な計算)
(後で知り合った日本人の女の子も、かっこいい人がいたって言うとったから、↑の人じゃない?って言うたら合致したっていう笑 モデルさんみたいに男前やったわー)

左隣にいたヨーロッパ系のおじさんが自分の航空券を見せながら、「Paris?」って聞いてきたから、
私も「パリ。(この場所で)合ってる。遅いねー」と答えてみる。
皆不安そう。

ずっと立ってゲートを囲ってた人たちが、おっ?おっ?
隣のゲートにぞろぞろと移動を始めた!
なんやなんやーと私もついて行ったら、そこでハタと気づく。

ない!
ないぃぃいいい!!!
私の、帽子ーーー!!!!

室内でかぶるのはマナー違反なヤツだ、って思われないようにカバンにピンでつけとったんやけど、
そのピンごとない…!

うぇーどこ行ったんやろー帽子ー帽子ー
って泣きそうになりながらさっきまでいたゲートの付近を探す。
な、ない…!

そこでフッと顔を上げると。
ゲートのデスク付近にいる中国国際航空のスタッフさんが、
「なんじゃこれ?」って感じで見ているもの。
わ、私の帽子ーー!!!

私「すみません!これ、私の!私の!」
スタッフ「えっ、どれ?」
私「これ!帽子!」
スタッフ「あぁ~これ?はいどうぞ~」
私「ありがとうーシェイシェイ!」

と、無事帽子奪還。あーーよかった。
日差しの強いヨーロッパで、日傘さす人はヨーロッパにはいないらしいから、日差しよけで絶対に帽子は必要やったんよね!
直射日光あびると頭痛するからさ、ホンマに見つかってよかった!!


そして1時間後の14時半くらいにやーっとゲートインが始まって。
な、並べ!並べよ中国人!!
って悪態をつきながら(笑)、私もキリがないから列に横入りをしつつ、航空券のチケットを切ってもらう。

狭いバスにこれでもかと詰め込まれ、いざ出発!!
そして辿り着いた場所はなんと…!!!!

目の前に飛行機ー!!!
何なに!!


私、タラップのぼるん!?
タラップとか、金正日みたい!!(>違)

そしてうろうろしながらたどり着いた席は、


なんだなんだー枕とブランケットが頼まんでもついてきとんやねぇ!
ロングフライトなら普通のことなんかな?
(後でこの写真をHISの社員さんに見てもらったら、古い型やなぁって言うてた。そんなもんかぁ。)

しかも、窓際ー!!!
2人席で窓際なら、景色は見えるわCAさんにもちゃんと声届くわ、最高やーん♪
これで隣が白人いけめんさんなら…!!

とそこで、隣の隣の席の人(つまり通路挟んだ、通路側の席の人)が
「●ζ×@△□Ψβ×δ??」

ん、この男の人の風貌からするに…中国語か?
私があいまいな笑顔で返すと、この男の人、隣の席に母親風の人がいるのに、私の横にきやがった!!
どうやら私の横は空席だったらしく、この母親風の人が2席使って横に寝れるように、男の人は私の横に来たらしい。
かわいさんは、すすり泣きながら寝たのでした。
時差ぼけせんために寝やんつもりやったのに…!

(かわいさんの時差ぼけ対策は、飛行機の時点で現地時刻で生活すること。
北京で14時なら、パリは朝の8時でこれから1日が始まるんやから、飛行機ではずっと起きてるつもりやったん。
パリは夜着やから、飛行機で寝やんかったらホテルで寝れやんってことはないかなぁ、と。)

そしてやっと飛行機が離陸。
北京首都空港発、シャルル・ド・ゴール空港行きCA933便で、いざパリへ出発!!

この時、北京時間で16時。
ちなみに出発予定時刻は13時30分。
2時間半も遅れよってからに。
さすが遅れるので有名な中国国際航空。
飛行機が動き出した時、白人の男の人たちが「Fu---!!」って言うとったよ(笑)
気持ちはめちゃくちゃわかるわー…。

そして第1回目の機内食はこれー。


ドラマとかでよく聞く「ビーフ オア チキン?」ではなく、
「Beef rice or Fish rice ??」
って聞かれたど!
肉か魚か?!肉だーー!!
ってなわけで肉を選択。

味は…
おいしい肉を、どうしてこんな味付けにしてしまったのか…
ご飯パサパサやし…

あったかいのだけ救いやね。
でも食べるのにすごい苦労して。
基本は出発地で作った機内食を飛行機につむんやんね?
「これは中国の料理やない…中華料理や!」
って自分に暗示をかけて無理矢理食べました。
でもビーフライスとパンだけしか食べれんかったけどね( ´_ゝ`)フゥ

あっ、飲み物のサービスで初めて、
私「お、オレンジジュース、プリーズ」
って言ったら通じたよ!
Orange(オーレンジ、的なあの発音ね)って言わんでも、普通にカタカナ英語で通じるもんなんやね。

ロングフライトなんやからパーソナルテレビくらい付いとったらよかったのにーって思いながらの10時間40分のフライト。
11時間って、長いね…!
寝ようにも狭い座席じゃ、寝にくい寝にくい!!

飛行機が動く前に「出発しない理由ってなんなんやろうね?」って話をして仲良くなった前の座席に座ってる日本人の子と、ちょっと飛行機を探検してみよう!と席をたってみる。

で、後ろの方まで行ってみようとしたら、なんとまあ、最後尾まで3mやったってことをこの時気づいたっていう(笑)

ここで何人かがCAさんと一緒にジュースや水をもらったり、セサミクッキーを食べたりしとったもんで、そこに混ざってみる。
飲み物は座席におってもサービスされるから勝手にもらってもいいのはわかるけど、クッキー!
ギャレーに来ると、こんなサービスもあるんやね。
みんなが食べるから、CAさんが何回もクッキーの袋をやぶいとったよ。

そこでクッキーを食べながら&オレンジジュースを飲みながら、話をして暇つぶし。
中国国際航空、しかも北京発やから中国人だらけで、中国人は飛行機でものすごいうるさいって言う話を聞いたけど、
みんなお利口さんにおとなしくしよったよ。ふーん。
やからココで喋るしかなくて。
うまいこと寝れやんし、いい暇つぶしになったわぁ。

その日本人の子はなんと、大阪の音大の生徒で、
南仏のある街に演奏旅行に行くんやって!
おぉー大学生やのにかっちょえー!!
楽器はサックスやって!
おぉーかっちょえー!!

11時間、もうあまりにもやる事がないので寝たり(寝やんつもりやなかったんか)、小説読んだり、touchさんと遊んだりしとったら、

はい、第2回目の機内食ー。


今度は「Beef rice or Noodle ??」
と聞かれたので、ヌードルにしてみました。

これの味もまぁ…まず(以下略)


うだうだして、やっと到着ーー!!
パリーーーーー!!!!!!!!!!!
予定では18時半くらいに着くはずやったのに…!
もう21時やんかー!ばかー!!

でも外は…


明るーい!これが初めて見たパリの街!
うん!小さくてよくわからん!(>待て)

飛行機を出て、まだ狭い通路なのになぜかパスポートを見せて本人確認をするお姉さんがいて。
黒人のお姉さん、しっかり仕事します!って感じでかっこよかった!

そして看板の案内にしたがいつつ、人の流れにそって入国検査へ。
フランスは中国とは違って入国カードはいらんかったよ。

なんと驚くことに、フランスの入国審査は全国籍同じ窓口なのよ!
ごっちゃまぜ!
私の予想では、「フランス人専用」「EU圏専用」「その他外国人」って窓口がわかれてて、

その他外国人に並ばなあかんなぁーでも、
中国人ってフランスに入るのにビザっていらんのかな?

日本人はいらんけど、もし中国人にビザがいるんなら、
私飛行機でめっちゃ後ろの席やったから飛行機から出るの遅くなったし、
中国人はビザの確認で日本人より時間よぉけとられるんちゃうやろか…
めっちゃ待たなあかんかな…

って不安は見事に打ち砕け。よかったよかった。

(あっ、そういや飛行機の中では喋ることもなくお利口さんやったなー中国人ーって思ってたら、
飛行機から出る時に見たあの、席の汚さ!!
床に散らばる枕、ブランケット、ティッシュ、お菓子のゴミ、その他もろもろ…
汚い!めちゃくちゃ汚い!!
自分の部屋ならまだしも、公共交通機関をこんなに汚してなんとも思わんその根性…
人種差別するつもりはまったくなかったけど、この時ばかりは「中国人サイテー…」っておもっちゃいました。
私のまわりの中国人はそんなことなかったから(汚さに関してはね。ほら、私の隣の席は本来空席やったのに押しかけてきたけど、これは日本人でもする人はするやろうし。)、すべての中国人がそうってことはないって知っとるけどね。)


でもフランスの入国審査で驚くのはこれだけじゃなかった。

入国審査の列は1列(そして順番抜かしをする中国人)。
窓口の前に来たら、右側と左側の審査官のあいた方へ行くって感じやったんやけど、

この右側と左側の審査官…

「「Hahahahaha~!!」」

めっちゃ談笑してますけどー!!
それどころか、2人の会話にまた違う審査官が来て、その談笑に混ざって…。

私の番になって窓口に行ったけど、手を「ほい、パスポート貸せ」って感じで出すだけで、
私の顔も見やしない…!
ホンマに!顔見やんとか!
不法入国しやすい国やね…!
仮にも中国人がたくさんおる列やったのに!

(余談やけど、帰りの関空の到着ロビーで両替した時に、そこには元の偽者鑑定機があったよ…!
スタッフさんに「中国は偽金多いんですか!」って聞いたら、中国は他の国に比べて多いらしいよ。
そりゃ、偽の元で本物の日本円に両替されたらたまらんもんねぇ…)

無事に入国審査で黒いスタンプを押してもらい、スーツケースを取りに。

「キャサリン、無事パリまで来たかしら…!」(私のスーツケースの名前。友達がつけた笑)

と少しだけドキドキしながらキャサリンががちょーんって出てくるのを待ってたら、

来た!来たよ!会いたかったよキャサリン!
エメラルドグリーンのスカーフがセクシーだわ!(>キャサリンとすぐ分かるように巻いてみた)

そして前の席だった日本人の子たちとバイバイして、出口へ。

Sortie

デカデカと書いてある文字。
もしやこれがフランス語の出口って意味か!

とまたふらふら歩くと、到着ロビーに出ました。
まずツーリストオフィスで「パリ・ミュージアムパス」を買わねば!

(パリ・ミュージアムパスとは…32ユーロで買ったら、指定されているミュージアムにはタダで入れるし、ミュージアムに入るたびにチケットを購入しなくてすむという優れもの。
パリには学生料金で入れるところもあるから買うか迷ったんやけど、ルーブル美術館にもし行ったら元は取れるな、ということが計算してわかり、買うことにしたん。)

オフィスを求め、到着ロビーをうろうろーーーーうろうろーーー

うーーん……
わからん!!

困り顔をしとったら、フランス人が「どうしたの?電車は地下だよ?」
と話しかけてきた!

助かったけど、困った!
もしやこれでオフィスの場所を教えてもらって、「はい、チップくれ」とか言われたらどうしよう!
私小銭持ってないし、1番小さいお金で5ユーロ紙幣やし!!

って内心あたふたするも、オフィス到着。

…ん?私さっきここ来たで?
誰も人おらんくて去ったんや。

フランス人「ここじゃない?」
私「でも人がおらんよ。買いたいのに買えんやないか。」
フランス人「じゃあ、あそこに見える総合インフォメーションに行って聞いてきなよ。」
私「メルシー。そうするわー。」

ってな感じで、総合インフォメーションへ。
私「パリ・ミュージアムパスを買いたいんやけど。」
女の人「ツーリストオフィスが右にあるわよ。」
私「でも誰も人おらんかったもん。買えん。」
女の人「じゃあターミナル3に行きなさい。そこで打ってるわ。」
私「メルシー。そうする。」

ってなわけで、ターミナル移動シャトル電車でターミナル3へ。
おっ、日本語が聞こえる!って思って振り返ると、バックパッカーの男の人2人。
んで、ついでにもうちょっと首をひねってみると、
あーー!!!北京空港で見た男前がまたおる!!(>そこか)

そんでもってターミナル3到着。
もうこの頃には外が一気に暗くなりかけてて。
この時21時40分くらい。

窓口で聞いてみる。
私「パリ・ミュージアムパスを買いたいんやけど。」
女の人「ここにはないわよ。」

なにっ!ないのか!

で、向かいにあるもう一つの窓口に行ってみる。
私「パリ・ミュージアムパスを買いたいんやけど。」
男の人「ここにはないよ。」

なにっ!ないとか!どんなけ!!ベッコリ!!

男の人「向かいの窓口に聞いてみなよ。」
私「いや、もう聞いたけどないって言われたんだ。」

ベッコリしたまま、とりあえずパリ市内に向かわねば…とRER(エール・ウー・エール)と言われる列車に乗ることに。
このRER、私が乗るのはB線…。
実は日本におる時に調べたら、どこのサイトにも

「めちゃくちゃ治安が悪い。乗るのは絶対にやめておけ」

って書いてあって。
あとパリ市内に行く交通手段はバスかタクシー。
でもさぁ日本でもそうやけど、電車よりバスの方が切符の買い方ややこしない!?
「運転手から切符は買う」ってガイドブックには書いてあったけど、
いやいや、運転手がとりあってくれるとは限らんし…

それやったら機械から切符買う方がええわー、それにバスも到着場所が私のホテルからは遠いし。

ってなわけで、RERで行くことにしたんよ。
RERは8.5ユーロ。バスは16ユーロくらい。タクシーは50~70ユーロ!
RERが一番経済的ね。

そんでもって、さっきシャトルの中で発見した日本人がRERの切符売り場で四苦八苦してたから、

私「切符の買い方教えてください!」
って言って、全部教えてもらった(笑)

この人らがおらんかったら、切符買えんだかもなぁ…。
まぁ窓口で買ったら買えたやろけど、フランスの券売機難しい。

というか、私この旅行の為にクレカ作っといて本当によかった!
まだ着いたばっかで小銭を持ってなかったんやけど、
このRERの切符、クレカか小銭かしか買えんかったんよ!
これでクレカ持ってなかったらと思うと、おそろしいわ…。

そしてRERの乗り方もわからない私に(>お前よくフランス行ったなぁ!笑)、その日本人2人組は途中までご一緒させてくれたのでした。
持つべきものは、言葉が通じる同族!(>何それ)

その2人組の一人は四日市出身やったんよね。親近感湧くわー。
「○○やんやん?」(見えやんやん?とか)っていう三重弁で盛り上がった(笑)
(もう一人は愛知の三河って言うとった)

どこ行くんですかって言うたら、なんとモンブランに登ると!
ガイド一人雇うのに10万円!

そしてそのRERに乗ってる時、北京の空港でずっとそばにおった(喋ったわけじゃない)同年代の女の人を車内で発見!
奇遇やなぁーって思ってたら、私と社会人2人組が分かれる駅でその人がうちらに喋りかけてきて。
なんとその女の人もバックパッカーで、社会人2人組と同じユースホステルやったん!

やから3人は一緒にメトロに乗って、私はわかれましたとさ。

で、3人とわかれた「パリ北駅」。
私はこの駅でRERからメトロに乗り換えてホテルに行くつもりやったんやけど、
飛行機が遅れたせいでもうこの時点で22時半ごろ。外は真っ暗。
メトロも治安悪いって言うし、さすがに1人でキャサリン持ってメトロはなーそもそもホテルどこにあるか知らんし。暗いでホテル探しにくいやろし。

ってなわけで、さくっとタクシーを捜す。
タクシー高くつくかもなぁって思ったけど、安全をお金で買うと思えばまっ、いいかと思えたし、
パリ北駅からホテルの最寄り駅までメトロなら4駅やから、そんなに遠くないでしょ、ってなわけで。

うろうろしてタクシー乗り場を探したら、あったあった!
よぉけタクシーとまってたわ。

で、路駐みたいにずらっと並んだタクシーを前から見ていく。
お客さんが乗る準備をしているタクシーを飛ばし飛ばし、おっ、お客さんがいない次のタクシーに乗るのが普通やよね、って思って運転手さんを見る。

こ、黒人さん…!

黒人さんとタクシーで2人きりか、ちょっと怖いな…。
でももう引き下がることは出来ん!
ってわけで、まずは外から運転手さんにホテルの名前と住所の書いた私手書きの紙を渡して「OK?」と聞いてみると、OKとのことで乗り込む。

キャサリン乗せてもらうの手伝ってもらったらチップよぉけはらわなあかん!って思って、自分でサッと乗せて乗車(笑)

この運転手さん、スピード飛ばす飛ばす!!
パリの車はみんなこんなんなんかな?怖いよー…

っておもっとったら、路肩へ一時停車。
何!何する気ね!(>被害妄想)
そしたら運転手さん、地図を取り出してホテルをじぃっと探してくれる。

私「メトロ フォー(4) ラストターミナル!ニアー!」
と無茶苦茶な英語を披露。
うん、私ね、メトロ4番線の最後の駅の近く(がホテル)って言いたかったの。うん。
後で電子辞書で調べたら、駅ってターミナルでも合ってるっちゃぁ合ってるけど、ステーションが普通やんね。うん。
でも運転手さん、OKってわかってくれたよ。
わかるもんなんだね!英語が母国語じゃないのにすごいわ!

あっ、今思ったけど、EU圏の人が喋る英語って、イギリス英語なんかな?やっぱり。アメリカ英語なんかなぁーいやーそれはないか?全然わからん。
でも、とにかく、パリの人もロンドンの人も、私のカタカナ英語は通じました。

あれやよね、外人さんが日本語でイントネーションおかしく「オネガシマッスー」とか言われても、
日本語が母語の日本人なら「お願いします」って言いたいのか、ってわかるもんな。

あっ、でもフランス人は母語が英語やないやん。
やっぱすごいわー!フランス人にとったら凄いことじゃないんかもしれんけど。
だって私が話しかけた人みんな喋れたし英語。

まぁその話はええんやけど。

信号が一時停止しとる時に、さっとホテルのバウチャー(予約証明書的な)にのってる地図を運転手さんに見せてみると、
運転手さん、小さな声で

運転手「Excellent」

ぅえっ!今「素晴らしい」って言うた?!
日本語にはない感覚やなぁ~この場合やったら日本人なら「よし」とか「合ってた」とか言うかなぁ~

とかわけわからんこと考えとったら、ホテル到着。
8.5ユーロでした。
10ユーロ渡して、おつりくれようとしたんやけど「ノーノー」って言ったら、
運転手さん「メルシー、ボクゥ」って言うてくれた♪

とりあえず、飲み物の確保や!
ってなわけで、ホテルの隣の商店にキャサリンと共に入る。

そこには柔らかい笑顔のおじいさんが。
飲み物の前でどれにしようか考えて、
うし、ここは日本でもよく名前の知られとるヴォルビックやな、と手を伸ばそうとした時、

おじいさん「これこれ、これにしなさい」
うへー!勝手に決められた!(笑)

私「これ、ガス入ってないよな?」
おじいさん「入ってないよ。」

で、これがパリの商店かーってうろうろ見てまわっとったら、
あー!プリングルス!食べたい!

私「これ、長いサイズしかないの?小さいのは?」
おじいさん「ないねぇ。そのサイズしか。それより小さいのはこの袋入りのしかないねぇ」
私「じゃあいいや。水だけ下さい。」
おじいさん「いいじゃないか、この袋入りのを一つ買いなさいな。」
私「うーん…じゃあバーベキュー味買おうかな。」(>押しに弱い)
おじいさん「はい、2.4ユーロね。」

おじいさんの笑顔に癒されて、ホテルに行ったのでした。
だがこのおじいさん、のちに私をものすごく落ち込ませる元凶を作るのだが、それはまた、次の日記で。(>じらす笑)

ホテルに「ぼんそわ~…」とおそるおそる入って、バウチャーを見せると。
フロントのおじさん、私のバウチャーを見ながらずーっとパソコンをかちゃかちゃ。
も、もしや…

おじさん「心配しないで!あっ、そうだ、そこのロビーで待っててよ。」

予約、取れてないーー!!!?????

いやでも待て、私側にバウチャー(予約証明書的な)があるってことは、予約が取れてないイコールホテル側のミス!
心配しないで(Don't worry)とも言われたし、ここは待つしかない。

この時点ですでに23時。もう夜も遅くなってきた。
ただ待つのも手持ち無沙汰…あっ、パソコンはっけーん!!
Macや!フランスではMacが主流なんかな?
おっ、キーボードの配列が微妙に違う!

ネットのホームがGoogleになってたから、とりあえず「YAHOO JAPAN」と検索。
もしかしたら日本語文字化けして見れんかもなぁーとも思ったけど、無事見れたよ!
YAHOOニュースでノリピーのニュースを見たねぇ…。(しみじみ)

そしてフロントのおじさんが呼んでくれて、部屋のカードキーと部屋番号、朝食の時間を教えてくれた。

おじさん「部屋番号は61(Sixty one)だよ。」
私「えっ、601?」
おじさん「違う違う!」
って、私のバウチャーに61と書いてくれました(笑)
いやこの旅行で気づいたけど、意外と数字の聞き取りって難しいのよ!(>あれ?私だけ?)
朝食の時間も7:30~10:00って書いてもらったんやけど、
フランス人の書く「7」って、なんて書いてあるのかわかりにくい…!
これを7とは読みにくいと思う( ´_ゝ`)

朝食の時間、忘れそう…!
私「この紙(バウチャー)ちょうだい!」って持っていこうとすると、
おじさん「これはダメだよ。Haha~これはこちら側のだよ。」
って。まぁ予約証明書を私が持っていったら意味ないもんな、当然や(笑)

それで、めちゃくちゃ狭いエレベーターに乗って6階へ。
やっと着いた!私の部屋!


まさかのツインーー!!ゲラゲラ

電気どこ!電気どこ!ってスイッチ探し回ったけど、どっこにもないんよね。
んでパッと天井見てみたら、なんと、
電気ごと無いやないの…orzベッコリ
そうか、なんかブログで見たことある、フランス人って直接照明嫌うんやっけ…。
間接照明って暗くてなんか怖いーなんやー(TT)



これがお風呂とトイレ。お風呂はシャワーのみ。首を左に傾けて見てみ。



机とロッカー。これがパリのホテルかぁー。

テンションをあげる為にtouchさんをスピーカーにしてTOKIOを聞きながらキャサリンに口をあけてもらう。

で、さぁ寝るかーって時に、向かいの部屋の人たちが帰ってきた。
な、何っ!!!
奇声が聞こえるんですけど!!!
男の人同士の喋り声と叫び声…
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い

もう本格的に泣きそうに。
ここって壁薄いんかなぁ、それともあの人らがドア開けたまましゃべっとんかなぁ、でも私の部屋のドアはしまっとんのやからやっぱ壁薄いんかな!

いや、笑い事に聞こえるかも知れんけど、ホンマに怖くて。
ドアを蹴破って入ってこられたらどうしよう、とか、もし入ってこられたら何されるんやろ、とか。
もう心底不安になりながら、touchさんをスピーカーからイヤホンに切り替えて、極力音を出さないようにしながら寝たのでした。


1日目、終わり。
長かった(笑)

スポンサーサイト
パリ1日目 ~The melody of beloved days~
パリとロンドンに行った旅行記を落としていきますー。
写真はおいおい入れていきます(笑)

1番最初に書いておこう。
私はレートがいい(らしい)って理由でユーロもポンドも日本の銀行で両替しました。(空港ではなく)
イギリスもEUなんやから、ユーロにしたらええのにねぇ…。

私が両替した時のレートは
1ユーロ=137円
1ポンド=158円

くらいやったと思う。多分ね。

時差は、
中国   -1時間
フランス -7時間 (サマータイム)
イギリス -8時間 (サマータイム)



まず旅行に行って何を得たいか。
うーん…これ難しい話なんやけど。

まぁ、あれですよ。
まんま、太陽と砂漠のバラ(http://utaten.com/lyric/jb70908066)ですよ。(>なんで笑)
この歌をね、パリからロンドンへ向かうユーロスターの中で泣きながら聴いたっていう(笑)
いい歌やねぇ…1番の歌詞なんて、人間誰でもそういうトコあるよなって感じやねぇ…
やっぱり元気いっぱいソングより、
これくらいどん底ネガティブソングの方がTOKIOらしいわ。うん。

まぁそれはいいんやけど。

私はフライト2時間前の7時半に関空に着く気まんまんやったんやけど、
前日に友達が「2時間前にチェックインをすませるってこの紙に書いてある!」と発見してくれたおかげで(笑)、
6時過ぎ(多分)には前泊した友達の家を出発。
まぁお盆前やし、夏休みやし、もしかして混んで飛行機乗れんかったらあかんしな。
で、7時過ぎには関空着。

7時10分に「中国国際航空」のチェックインカウンターに並び始め。
北京乗り継ぎやったんやけど、パスポートとe-チケット(航空券控え的な)を渡しながら
グランドホステスのお姉さんに
「スーツケースは北京で取らなくてもシャルル・ド・ゴールで取れるんですよね?」
って聞いたら、あらら、隣の人とめっちゃ相談始めた( ´_ゝ`)

結局北京では取らなくてOKって聞いて、座席指定(北京行きはトランジットやから、時間短縮の為に前の方の席をとってください、と。)をして、チェックイン完了。

でもグランドホステスさんは北京では荷物取らんでいいって言ったのに、
航空券と一緒に渡された北京首都空港の地図には、
「荷物は取ってください」
って書いてある。なんでや。


私、飛行機に乗るまでの流れとかなーんも知らんかったけど、キョロキョロふわふわしながらテケテケ歩いてたら、なんとかなるもんなんやねー。(>何)
「ここか?ここなのか?」
って思いながら手荷物検査。関空の手荷物検査ってゆるいのね。

で、エスカレーターぐいーーっと降りて出国手続き。
ここで一応帰りの入国の為の「所持品・携帯品申請書」とかなんとか言うのを(>忘れたらしい)もらって。(旅行会社にもうすでにもらってたんやけどね、一応ストックとしてね。)

出国審査の列、がーらがらやないか…。
パスポートがめがねナシやからめがね外して、なんなくパス。
まぁ日本人なんやから、当たり前ね。

で、すべての手続き終了。
この時の時間、7時30分。
全部で20分しかかかっとらんやないかー!!
誰や2時間前に着かなあかんとか言うたやつ!(>お前や)

2時間くらいヒマ暇ひま。
関空の出発ロビー、ホンマなんもない!
化粧品見たってしゃーないし…。
ブランドは買えやんし…。
てかこの出発ロビーの時点ですでに日本語があまり聞こえないんすけど( ´_ゝ`)
(中国語多数)

とりあえずゲートを確かめて見よう!と航空券に書かれたゲート番号と、看板案内を見ながら進む。進む。

進む…と。

げげ、シャトルの電車乗らなあかんのかいな!

朝もはやいことから誰も乗ってない電車で、一路ゲートへ。

ゲート近くにはなんか店があったらええなぁ~って思いながら行ったんやけど、

まぁ、見事にさっき以上に何もなく。ほんまに、何もなく。

電車に乗って、来た道を戻るはめに。だって時間有り余っとるし。

そして飲み物を確保。手荷物検査で取られるのわかっとったから買ってなかったもんで。
フランス行ったときに飲み物にこまらんように、一応ペットボトル2本買っておいた。
(これが後でえらい目にあうのを、この時の私はまだ知らない)

で、ふらふらしとったらクレジットカード(多分アメリカンエキスプレス)のくじ引いたらペンがあたって、ついでに勧誘されたけど「入会費はらえん」って言って逃げて。

本屋で「英語のhaveとeatの違い」とかわけわからん本を読んで(笑)
なんやっけ、ただ単に食べる自体の事を言うか、楽しんで食べるかの違いやったかな、忘れた(笑)

あきたから出発ゲート近くで、さっそく痛くなった足の指をさすさすしながら待機。
海外では素足見せたらあかんのやんね?(>日本でも見せんな)

ゲート前に中国国際航空のスタッフさんが来たので、ちょっと勇気を出してさっきグランドホステスさんからもらった紙を見せながら、
結局北京では荷物をとらなあかんのかとらんでもいいんかを聞いてみたらばさ。

「これは中国国内で乗り継ぎをする為の用紙ですね。スタッフが間違えて大変申し訳ありません。」

とのこと。私は中国国際線乗り継ぎやからねぇ。あのグランドスタッフさん、荷物が北京スルーかも知らんかったし、新人さんかねぇ。
でも北京乗り継ぎの人なんかこれまでもよぉけおるやろうに…って思ったけど、そういや北京の乗り継ぎ専用出入国検査場、人すごい少なかったわ。
あんま北京乗り継ぎの人っておらんのやねー。へー。

で、関西空港発北京行き、CA162便でいざ北京へ!!

この飛行機は3列・3列型の小さな飛行機でした。私は右の通路側。
3列の場合は通路側の方がいいってことをここで知る。
だって窓側よりCAさんに飲み物の注文しやすいもん。
日本語ならまだ窓側でも注文しやすいけどねぇ。

私のへっっったくそな英語がどこまで通じるのか、まずここで初試し!

私「えっと…ホットティープリーズ」

CA「Hot tea?」(ホッティー?と聞こえた)

で、無事あったかいお茶入手。
もともと、この飛行機で唯一乗ってる日本人CAさんに
「あったかい飲み物は何がありますか」
って聞いてお茶とコーヒーがあるって聞いてたんですけど、
お茶=ホットティーっていうのは、まさに勘(笑)
CAさんに「紅茶?ねぇよ。」とか言われたらどうしようかと思ったわ( ´_ゝ`)
お茶くれたお礼に「シェイシェイ」と言ってみる。おぉ!初中国語。

で、お茶はにおいはジャスミンティーのにおいやけど、味はまったくのお湯でしたとさ。味しねぇったら。

で、はい北京行きの機内食。

そばーーーー

私の朝ごはんも

そばーーーー

私、なんで日本を発つ日の朝ごはんくらい米を食べなかったんやろうね。うん。
まぁ旅行中に米が恋しくなった時はなかったんやけどね。

噂に聞く「中国国際航空のまずい機内食」やけど、
そばについてたつゆのラベルは、作った場所は大阪になっとったねぇ。

で、肝心の味は、まぁあれだ。うん。
よくある「機内食のそばの味」って感じ。
味付けは日本風やけど(そりゃそばやし)、ま、おいしくないねぇ。
しかもこのそばに入れたわさびがのど付近でぐるぐる回って、
ぎ、ぎも゛ぢわ゛る゛い゛… (>アホス)

そんでもって噂に聞く第二弾、「中国国際航空はよく出発・到着が遅れる」っていうのも、北京行きは無事定刻に到着。

飛行機の音楽(ラジオ的な?)が中国語やぁ~って思ったりなんかしとったらあっという間に中国に近くなって、
あわてて出入国カードと健康診断カード(的な)ものを書いたりね。
いやーあせったあせった。
健康診断カード、表が中国語でウラが英語やったんやけど、中国語面で書けばいいかー漢字やしって思って書いたら、
まぁほとんど空欄になってしまったんやけどな( ´_ゝ`)

9時半関空発、北京(現地時間)11時半着。
日本と中国の時差は1時間やから、約3時間のフライトでした。

座席を飛行機の前の方にしてたおかげでサクッと飛行機から降りることは出来たけど、
さて、次はどこへ行ったらいいのやら…
「出口」って漢字は中国語でも「出口」なのね、と思いながら進む。

この時の私。

「着いたーー!!中国、きたーーーー!!!!!
久しぶりの外国…
ってか中国きたーーー!!!中国きたーーーーー!!!」

ホンマに興奮しとる時って、同じ言葉しか出やんもんなんやね(笑)

とりあえず人の流れにそって、健康診断カードを提出。
でもほぼ空欄。中国語もわからない。
審査のお姉さんがカードの該当箇所を指さしながら「Telephone Number?」
とかいろいろ言うてくれたもんで、その場で記入してなんとか通過。
サーモグラフィー(多分)があったところも無事通過。

そしたらおもいっきり日本語で「国際線乗り継ぎのお客様 ↑」って場所案内があって。
そっちへ向かっていったら、まぁまぁなんと…

やる気のないお姉さんたちのカウンター( ´_ゝ`)
お姉さん、おもいっきし突っ伏して寝てるやん…
やる気ないやん…
さすが社会主義の国、中国。
てかよく考えると、CAさんもサービスはある程度しっかりやっとるけど、愛想はまったくなかったもんねぇ。
めちゃくちゃ綺麗な人ばっかやったけど。(>おばさん以外)

とかわけわからんこと考えながら、とりあえず「エクスキューズミー」って言って航空券とパスポートを出してみる。

そしたら、北京発シャルル・ド・ゴール行きの航空券の、空欄だったゲート番号を調べて書いてくれました。
ほほう、このゲートへ行けばその飛行機が待ってるわけね。
(この考えが甘いことを、のちに知ることになる)

そして巨大な出国検査の列に並ぶ。
並ぶ。並ぶ。並ぶ。

…うーん、、、
私、中国に降り立つわけじゃないんだけど…
これって出国専用ゲートやんね?
私が行きたいのって出入国ゲートやんね?
なんか並ぶ列間違ってない?

とモンモンしてたら、同じ列に並んでいて自分の番が来た人たちが、なぜかこっち側に戻ってきた。
もしかして!

私「あの、すいません、国際線の乗り継ぎってこの列じゃないんですか?!」
「あっ、はい、もっと奥らしいですよ。」

もっと英語でもいいからきっちり書いとけよーーーーーーい( ´_ゝ`)

おかげでその人たちの後ろについて、無事に出入国ゲートへ。

さて、中国の出国・入国の審査は難しいのかな?何聞かれるんかな?
って思いながら列に並ぶ。列は短かったのですぐ自分の番に。

一応前の人のを見て、あっ北京からの航空券だけじゃなくて北京までの航空券の半券もいるのねーと理解。

とりあえずパスポートと北京からの航空券と出入国カードを出す。
中国人のお兄さん、フンッと出入国カードを机に投げる。
なんや、出入国カードいらんかったんかーーい( ´_ゝ`)

この中国人のお兄さん、ものすごい無愛想…。
何聞かれるんやろ何聞かれるんやろ、とおろおろしよったら、

お兄さん「●ζ×@△□Ψβ×δ??」

私「えっ、、えっ?!」

お兄さん「●ζ×@△□Ψβ×δ??」

えーー!!何言うとるかさっっっぱりわからん!!!!
えっ、何?なんなん?!何がいいたいん?!!!!

ぱっ、とお兄さんの手元を見てみると、

航空券の半券…

あれ?私北京までの航空券も出したべ?見したべ?
って今度は自分の手元を見てみると…、

はい、あったね。ばっちり握ってたね。

頭イタイ人だねかわいさんって( ´_ゝ`)

それを出したら、ちゃんとパスポートにはんこを押してくれました。
中国のはんこは赤!国旗の色と一緒だぁね。
日本のは、私のパスポートを見るとセントレアも関空も青色だから、日本は青なんだろうね。多分ね。

(*旅V旅*)
20090621201423
20090621201421
20090621201418
20090621201415
20090621201407
せっかく何回か更新してたのに、

設定間違えててアップ出来てなかった(笑)


今まったり鉄腕DASH見てました♪

リーダーが虎に襲われそうになったのを見て、

「やめてようちの大事なギタリストに~

…って、うちのって何!」

とセルフツッコミ(笑)

リーダーがギターを弾いてる時のかっこよさは「異常」レベル(笑)
もぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉんのすんごいカッコイイ。


この週末は疲れましたf(^_^)

香川と高知に行ってたんですよ♪

高知では桂浜へ。
浜へと繋がる石段をあがると、

「デカッ!!!」

坂本龍馬の像がありましたf(^_^)

桂浜を歩きながら、「ここも歩いたんかなぁ」
と思いつつ。


坂本龍馬さんの記念館は、知らない情報ばかりですーんごい為になった!

あの立ち姿の写真、実は足をクロスさせてるんですよ~知ってました?(pq'v`∞)

屋上から桂浜を一望。
すごくキレイ。


お昼は自分で焼いた、かつおのたたき!
(写真)

藁で自分で焼いてね、燃え盛る火がもう熱いのなんの!(笑)

でもガスとはやっぱり違うね~凄いおいしかった♪



そのあと香川に行ってさぬきうどん食べたんだけど、

うーん…全然おいしくなかったf(^_^)

うどんはコシがあっておいしかったんですが、

出汁が好みやなかった(゚-゚)



そんな感じで旅は終わったのでした~(*OvO*)
晴れわたる日も 雨の日も
20090401201303
20090401201228
浮かぶあのー笑顔ー(浸ってます笑)


このぶるれも三周年をむかえたし


もう満足かなと。



ここんところ忙しいんです…

今日をもって、



Blue Red は解散です!!
















ってのは嘘ですごめんなさいごめんなさい@えいぷりるふーる



いやあ、せっかくやから嘘ついとかんとーと思って笑





沖縄すごいよかったですよー!!

もう感動の連続でした。


沖縄帰りたい病が発病しまくりです。



画像は渡嘉敷のキラキラした海です


左下にストラップが入ってしもとるとこが私らしい笑



世界一綺麗とも言われるビーチで


ダイビングも出来たし(*^_^*)


また絶対に行きたいな、沖縄。
One room
20081022010845
この前関東に行ってきたときの写真。

東京から横浜へ向かうバスで。

お台場っ!

フジテレビっ!

初めて見たから感動したわー
青島松彦~前厄~
そういやねぇ、ディズニー行って来ましたよ♪

シーはすいてたんですけど、ランドはすごい人でした。

25周年&ハロウィン&仮装OK週間

ランド中に、姫がたくさんいました(´ΨΨ`●)


小さい小さい白雪姫やシンデレラは、大層可愛かったです

高校生くらいの若い子は、ミニーやドナルドが多かったかな。

大人になるとドレスを着てる人が多かったけど、何のキャラかはよくわからんかった(笑)




もうねーもうねー


ピーターパンかっこよすぎ

道端で出会ったんですけど、

お顔はもちろん、仕草もピーターパンになりきってて、


もおおおおおおおおおおおおおんのすんごおおおおおおおおおくかっこよかった


後のパレードで自分の前に来た時は、

「ピーターパン来たよ。」

と連れに言われた瞬間に思わず

「うそっ!!」と叫んだほど、大興奮(笑)

(ちゃんと道端の人と同じ人だった)


いやぁ…いい目の保養だった(笑)




そのパレードが終わったあと、ピーターパン(のアトラクション)に並んだんですよ。

そしたら、並んでいた列の近くに外国の女の子2人がパパといまして。

暇だったんで、話しかけてみました。(>なんで笑)



「うぇあー あー ゆー ふろむ?」



女の子、手のジェスチャー付きで答えてくれました。


「Five!



う…うん!そうか、5歳か!



5歳…か…。 (>凹んだ笑)



そもそも、英語圏の人かどうかはわからなかったんですけどね(笑)
菜食主義者と偏食主義者
先日、京都に観光しに行きました。

このクソ暑い中、あえての京都です。


高台寺と霊山歴史館を見たあと、

東山ラーメンなるものを食しました。


これがまぁビックリするくらいうまくて。

テレビから流れる
「横浜高校対どこそ」
の試合と共に
熱中したわけです。

(どこそ=多分仙台育英)


ここは京都。

暑い京都。


過ごしやすい欧州からなんでわざわざこんな地にくるのかサッパリわからないが、

外国人観光客の多い京都。

あっ、外国は欧州だけじゃないか。
失敬失敬。




そんな外国人観光客が、
そのラーメン屋に入ってきた。

相も変わらず、欧米系は顔が綺麗。
ウットリ。



そんな怪しい目線に気付くはずもなく、
その欧米系美人姉ちゃん、

どうやらカレー野菜ラーメンを注文した模様。


ただ一つ様子が違うのは、

「Fish、no…」


だかなんだか言っている。

フィッシュ、ノーってことは
おそらく肉もダメなんだろう。

肉を喰えないなんて、
人生の3分の3は損しとるのぅ…


でもそのラーメン、

ダシに魚や肉は使ってないんかい、
と密かに思ったのだが

横浜高校が私の集中を奪うので確認出来ず。


カレー野菜ラーメンだから、
スープはカレーで問題なしってことか…?


どっちにせよ、
野菜嫌いな高瀬にはあまり関係のない話でした。
君という名の翼
とりあえず昨日の写真だけでもはっつけとこう!
高瀬 IN USJ!!
ちなみに今現在のBGMも「君にメロロン」です(笑)

バレンタインフェアみたいなんしとって、ケータイのクーポン&ハグorキスで安くなりました~。
同性同士もOK^^b
私は連れの女の子とハグしたけど、男同士でハグしているうちらの連れを見て、いきなりゲラゲラ笑わせてもらいました(笑)
(今回は女3人、男7人で行きました~。下は18才から上は40才まで>どんな集団よ笑)

エルモ

エルモがおでむかえ。
なんで私この画像反転させんだんやろ(笑)
門もおっきかった!

スパイディー

すぱいでぃー!
140分待ちの札を見てソッコーあきらめたけど(笑)

ジョーズ

JAWS。
混んどったから飛ばし。(>またか笑)

町並み

町並み1

町並み2

町並み2

町並み3

町並み3

…終わりです。(>終わりかい!笑)

最初ターミネーター行ってね~。
エドさん(お笑いの)みたいなお姉さんめっちゃおもろかった♪

で、ご飯食べて。

ハリウッドドリーム(ジェットコースター)乗った。
最初ののぼりがすっごい急で、そのくだりもすごい落下でめーっちゃおもろかった
なんとコースターの座席にそれぞれついてるスピーカーで、5曲から選んだ好きな曲を乗ってる間聞けるの!

1番→ぼんじょび
2番→エミネム
3番→ビートルズ
4番→私が嫌いなボーカルがいるグループ(笑)
5番→コブクロ

でした。
私はコブクロを。
「君という名の翼」
テンション上がった~♪

で、次バックドラフトをめっちゃ待ってから入って。
寒かったorz

そんでもう一回ハリウッドドリーム行きたいってことになって並んだんやけど。
なんと、乗り場まで列が到達してあとはコースターが到着するだけって時に、

「ピンポンパンポン♪
ただいま、お客様のお荷物が落下した為、点検作業に入ります。」

( ̄□ ̄;)ガーン!!

誰やねん荷物なんぞ持って乗ったやつ!とか言ってたら、再度放送。
どうやら靴が落ちたらしい。

うーんそれならしゃーないなー。
そんなに待たんくても、すぐに整備師さんらしき人が靴を持って登場しました。
よかったよかった。

ちなみに2回目もコブクロにしました(´ΨΨ`●)

キャラメルポッポコーンもんまかった。
(どうしてもポップと言えないらしい笑)
まぁ、ネズミーランドのポッポコーンのがんまかったけど。


簡単に日記終了(笑)
銀河行きのベルが鳴れば
20071127095513
これ全部、自分へのお土産。
もうチョコポテトがんますぎる♪

ロイズがね~チョコ具合とポテト具合が絶妙!
さすが1袋630円するだけあるわ(笑)

旅行中に1袋食べて、今度は2袋入り(画像)を買って。
まだたりやん!って思って帰りに空港のローソンでカップのやつ3つ買って。

そしたら飛行機が遅れたお詫びにANAのヤロウが1000円分の食事券をくれたので(>当然だ!)、2袋入り1260円購入。

ほくほくです(´ΨΨ`●)

なんで北海道しか売ってへんのやろなー三重でも売っとったらええのに。
通販って手があるけどね。

イトコのお土産もこれにしたら、大変喜んでくれたそうで。
よかったよかった。
あ ぽーらー べあ
20071124224536
旭山動物園の白くまさん。
頭ぐりぐりしてました。

この白くまさん。かなりのツンデレで。
私たちが見ている方に水槽があるんですけど、やっぱり飛び込むとこが見たいじゃないですか。

水槽のフチまで来たら皆「おー!」って歓声が上がって、入れよ早くオーラが漂うんですけど、しばらく焦らしてからまた戻っていくというのを数回。

「もう飛び込まないね~」と諦めてしろくま館の外に出て外から覗いてみたら、

水 の 中 に お る や ん け !

なんともタイミングの悪い私でした。
それにしても、しろくま館はすごい人気でした。
寝ている白くまさんもカワユスカワユス。

で、世界一可愛い(>偏見)あろまさんとはまだ会えていません。
いやーイトコの家にいてさ。今日連れてくるつもりだったんだけど。
私が思いの外寝てしまってですね。

えーと。
空港から家に着いたのが夜の1時でしょ。
そっからパソコンをちゃかぽこ触って寝たのが3時。
起きたのが…13時半。
ご飯食べてちょっとアジア選手権の韓国戦を見てから寝たのが…15時半。
で、起きたのが…21時半。

…寝過ぎ?(>寝過ぎなんてレベルじゃねぇ笑)


プロフィール

高瀬由季

Author:高瀬由季
ヘタレな高瀬が書く、へっぽこ駄文ブログです。バレーの事や日々の事をテキトーにつづっていきます。
全日本とサントリーサンバーズと越川優選手を応援するという、なんともおこがましい事をしています。

日々、I'm looking for a truth-of-myself.



最近の記事



最近のコメント



ウェブ拍手



メールフォーム

メールアドレスなしでもメールは送れます。



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



BlogPet



タグリスト

lyric Rahmens 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。